ついに義務化|強力なメディアとして活用できる在庫管理システム|スピードジョブ

強力なメディアとして活用できる在庫管理システム|スピードジョブ

婦人

ついに義務化

システム

チェックを行う理由

ついに義務化が決定されたストレスチェック。その言葉自体はよく聞くけど、一体どういった目的で、どういった理由でこれが施行されることになったのか知らないということも少なくありません。現在、日本の労働者は非常にメンタル面での不調を訴える人が増えてきています。メンタルの不調が続くことにより社会生活を送るのが難しくなってしまうこともあり、それが労災に認定されることもこの5年ぐらいを見ても増加傾向にあります。日本で働く人々の中でこういった事情で労災を認定されたものの、以前のような精神状態に戻ることが難しく、うつ病がひどくなり自殺する人も残念ながら増えています。6人に1人ぐらいは死ぬことを考えて自殺をしてしまったり、自殺未遂で病院に運ばれたりという深刻な事態になりつつあり、国全体としてこの問題へ取り組んでいこうということが決定しました。現状事業所の人数が50人以下の場合は、できれば行ったほうがいいという推奨となっていますが、それが数年後に義務化される可能性はまだ残されていると考えられます。

理由1ハラスメント

よく耳にするパワハラやセクハラなどのハラスメント。こういったことが度重なることにより心がストレスを感じるようになり、体調不良を訴えるケースやうつ病など精神疾患を患う人が増えてきています。パワハラでいうと「なんで誰でもできるこんな簡単なことも出来ないんだ」とその人の人格を否定するような発言であったり長時間の残業を強要するような発言であったりが問題視されています。セクハラだと「女なんだから早く結婚しないと」といったような性別に関する発言もそれに当たりますし、喋るときにボディタッチが多かったり、意図的に胸を触ったりなどといった行動もそれに当たることがあります。

理由2労働環境

人手不足により一時的に非常に長い拘束時間で働かなくてはならなくなることがあります。例えば数年前に裁判が起こされた会社では1ヶ月あたりの残業時間が100時間を超えるといったように一般的に定められている労働時間を超えている上に、さらに家に帰ってもやらなければならないほどの業務量を抱えており睡眠時間も休日もほぼない中で働き続けたことにより、人生の喜びなどを見失ってしまい自殺をしてしまうという悲しいことも起こりました。ストレスチェックを行うことにより、会社としてもなるべく働いているスタッフのメンタルケアを行えるようにするというのと同時に、働いている人も自分の不調に早い段階で気づいて病院に通院して大事に至る前に治療を受けることができるため自分自身でもメンタルを調整することができるというメリットがあります。ストレスチェック義務化により、日本の中でのメンタル不調を訴える人を減らしたり自殺率を下げてより働きやすい社会にしていこう、悪い環境の会社があるのであればその会社は労働環境の改善をすべきだというのを明確にすることができるようになります。